アドセンス審査に通らないときのチェックすべき5項目【記事作成編】

アドセンス審査 通らない 記事 チェックGoogleアドセンス審査
Sponsor

アドセンス審査に通らないときのチェックすべき5項目【記事作成編】

この記事はこんな方にオススメ

・これからブログを始めてアドセンス審査を合格したい
・アドセンスに合格したいけど何をしたらいいかわからない
・何度もGoogleアドセンス不合格になってしまう

連載企画として、Googleアドセンス に通らない時のチェックすべき項目を以下のカテゴリで連載していきます。


・ブログ構築編 >> 過去記事
・必須ページ編 >> 過去記事
・記事内容編 >> 過去記事
・記事作成編 >> 本記事
・画像・リンク編
・ツール編
・特別編

>> 当ブログでも利用中!アドセンス合格を目指す人にオススメ <<

今回は、第4弾として「記事作成編」です。
その他は次回以降連載予定です。

第1弾記事「ブログ構築編」はこちらからご覧ください。

第2弾記事「必須ページ編」はこちらからご覧ください。

第3弾記事「記事内容編」はこちらからご覧ください。

もちろん、ブログをこれから始める初心者の方も、必見のチェックポイントです。

みなさんが、クイックにチェックできるように、各チェック内容はシンプルに解説します。

なお、私のアドセンス合格ヒストリーについては、以下の記事で全て公開中ですので、ご覧ください。
たった5記事、ブログ運営期間1週間で、Googleアドセンス 審査1発合格の実績です。
※2020年8月の実績となっています。

Sponsor

アドセンス審査に通らないときのチェックすべき5項目【記事作成編】

①5記事以上

☑️ 審査時に記事は5記事以上あるか

Googleアドセンス審査には一般的に10記事以上と言われたりしますが、私のように5記事でも合格します。

私のアドバイスした方も、5記事で多数合格されているので、「5記事以上」審査用記事があれば問題ないでしょう。

中には、4記事で合格されている方もいますが、5記事を目安にしましょう。

あまり記事数が多すぎると、審査に不合格になった際に、修正するのが大変です。
そのため、審査用の記事数は絞った方がいいです。

②2,000文字以上/記事

☑️ 2,000文字以上/記事になっているか

海外のサイトでGoogleアドセンス合格のためのTipsとして、「600-1,200単語数 / 記事」と言われています。
文字数が少ない記事は、結果的に内容がない=薄いコンテンツとなるので、不十分なコンテンツとなります。

そのため、1,000文字以上であれば問題ないですが、2,000文字を目安に作成してください。

③オリジナル文章

☑️オリジナルの文章で書いているか

誰かの記事をコピーせず、独自の文章で記事を書いてください。
Googleは全ての記事を機械的にチェックしています。
コピーしたら、ほとんどバレます。それに、検索順位も下がります。

自分の言葉で、オリジナルの文章を作り上げるということを意識してください。

④記事に根拠があるか・客観性が重要

☑️ 結果→根拠の構成で記事を書いているか

記事の内容には根拠を示すようにしてください。
ユーザがブログ記事を見た際に、納得性のある内容になっていることが、有益な情報と捉えられるため、非常に重要です。

記事を書くポイントとして、「結果→理由・根拠→まとめ」というような構成を意識すると、簡単に書くことができます。

⑤コピペチェック

☑️ 他人の記事をコピペしていないか

最後にHP上に似たような記事がないか、チェックしてください。

以下のサイトは無料でチェックできるので、オススメです。
無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】

Web上に同じ記事があると、Googleアドセンス審査時に不合格となりやすいです。注意しましょう。

アドセンス審査は質の高い独自の記事を作成しよう

アドセンスに通らない時のチェックすべき項目の連載企画・第4弾として、「記事作成編」のチェックすべき5項目をまとめます。

  1. 5記事以上
  2. 2,000文字以上/記事
  3. オリジナル文章
  4. 記事に根拠があるか、客観性
  5. コピペチェック

これらを注意して、記事を作ってください。
質の高い記事、オリジナル性の高い記事、独自性の高い記事を書いて、アドセンス審査に望むことが1番の近道です。
もし、記事の作成に不安な方は、ココナラなどのサイトでライターに書いてもらうのもありですね。

アドセンス審査に不合格となる方、これからブログを始める方、この5項目を確認して、記事を執筆してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました