【海外事例2020年版】グーグルアドセンスの審査基準TOP10

アドセンス 審査 基準Googleアドセンス審査
Sponsor
この記事はこんな方にオススメ

・Googleアドセンス審査の基準がわからない
・アドセンスにどうやったら合格するのか
・世界中のアドセンス合格の基準はなに?

Googleアドセンス審査に合格するための明確な基準や、正解は誰にもわかりません。
ただ、今まで合格した方の方法やポイントをおさえることで、確実に審査合格へ近づくことができます。

私は、2020年8月に、記事数5つ、審査期間24時間で合格しました。
合格したときの状況は、以下の記事をご覧ください。

WordPressでブログを構築し、これからアドセンス審査を考えている方へ、海外のGoogleアドセンス審査の合格のポイントをご紹介します。

Sponsor

なぜ海外のアドセンス審査の情報が必要なのか

私はGoogleアドセンス審査に合格するために、たくさんの情報を集めました。
もちろん、日本語のサイトも事例もたくさん見ました。
ただ、情報が古かったりと最新の情報量は圧倒的に少なかったです。

そこで、海外のサイトのノウハウも調べてみました。
Googleはグローバル企業で、世界中にサービスを提供しています。
世界中でGoogleの審査基準はポリシーとしては同じなのです。

また人口比率を考えてみてください。
日本人と海外。海外の方が人口がかなり多いですよね。

そのため、海外サイトの方が、情報量が圧倒的に多く、参考になる最新情報がたくさんありました。

つまり、海外のノウハウやTipsを学ぶことで、たくさんの情報が集まります。

私がGoogleアドセンス審査の合格に向けて、参考になった海外で推奨されている10のポイントを公開します。

[海外2020年]Googleアドセンス審査基準TOP10

独自ドメインを取得

ブログを始める際に、必ず独自ドメイン名を使用してください。
無料のドメイン名や、ブログサービスのサブドメインは使用しないでください。

そして、「.com」「.net」などの、「トップレベルドメイン(TLD)」を取得するようにしてください。

Googleアドセンス審査のためにも、TLDをおすすめしますが、それだけでなく、今後SEO対策として、ブログ集客や検索ランキングなどにも効果的です。

独自ドメインなどは、実績の多い「お名前.com」などでの取得がおすすめです。

美しいテンプレート・テーマを使う

ブログへの訪問者がわかりやすく、見やすいサイトデザインにする必要があります。

ブログのデザインについては、テーマを採用されるとおもいますが、特に重要な要素は以下のポイントです。

・レスポンシブデザインのテーマ(モバイル対応)
・SEO対策済みテーマ
・AMP対応テーマ
・ヘッダーへのグローバルナビゲーションバーの配置できるテーマ

これらの要素に対応できるテーマを利用してください。

難しいなと思われるブログ初心者の方は、有料ですが「THE THOR(ザ・トール)」がおすすめです。
特別な知識は不要で、簡単にGoogleにも読者にも好まれる、美しいブログサイトを構築できます。

高品質な記事(内容・コンテンツ)を書く

海外のサイトには以下のヒントがありました。

・単語数は、600-1,200単語数 / 記事
・記事内容はコピーしない(オリジナル記事)

記事内容はアドセンス審査において、最も重要なポイントです。
質の高い記事、つまり読者にとって有益な情報を提供してくれる記事でなくてはいけません。

そのため、単語数は多い方がいいです。
ただ、英語と日本語では言語が違うので、目安の考え方が難しいと思います。
ざっくりですが、「2,000文字以上 / 記事」を意識してください。

また、絶対に他のサイトの記事はコピーしないでください。
Googleは検索のプロです。盗作記事はかならずバレます。
盗作については、Googleアドセンス審査は非常に厳しいので、絶対にしないようにしてください。

つまり、オリジナルで質の高い記事を書くことに集中してください。

また、ブログの記事を書くのが大変だという方は、ライターさんに外注するのもありでしょう。「ココナラ」などで、記事作成を請け負ってくれるので、ライターさんを探してみてください。

設置必須の固定ページ

必ず、ブログのサイトには以下の4つのページを設置してください。

・自身のプロフィール
・プライバシーポリシー/免責事項
・お問い合わせ
・サイトマップ

これらのページは固定ページで作成し、ブログのトップページからアクセスできるように配置してください。

4つのページがあることで、Googleアドセンス審査では合格できる可能性が高くなります。

アフィリエイトリンク・広告は削除する

Googleアドセンスに申請する際には、必ずアフィリエイトなどの外部リンクや、ASPなどの広告は削除してください。

アドセンス審査中にGoogle側で、他社の広告等の表示でブログ・サイトが見にくい、複雑なサイトだと判断された場合は、審査を拒否されたり、不合格となったりします。

一部では、アフィリエイトリンクがあっても合格したとの情報はありますが、ない方が有利なのは間違いないです。

画像はライセンスフリー(著作権)を使う

記事に画像を使う場合があると思います。
その場合は、必ずライセンスのない画像を使ってください。
これは、記事内容と同様に、コピー・盗作として扱われるためです。

また、画像を使う場合は、「ALT属性」に適切な内容を記述してください。
ALT属性とは、画像の説明のことで、Googleの画像検索において、有効になります。
そのため、ALT属性に画像の説明が記載してあると、Googleが画像を理解するのに役に立ち、検索順位も上がります。
つまり、SEO対策としても有効です。

こういったポイントもGoogleアドセンス審査では確認しています。

トラフィック数(訪問数)は最低限あった方がいい

Googleアドセンス審査において、明確な基準はありませんが、ブログへの訪問数、PV数は、ある程度あった方が、アドセンス審査には有利です。

では、どのくらいあったらいいのでしょうか。
目安は、「訪問数5-10人 / 日」です。

ブログ開設当初は難しい数字ですが、TwitterなどのSNSを使うことで、この数字は簡単に達成できます。

リンクとハッシュタグを貼って、1日数回投稿するだけで、自然とブログへの訪問者は増えます。

アドセンス にサポートされている言語でブログを書く

実は、Googleアドセンス ではサポートされている言語が明確に決められています。

AdSense でサポートされている言語 – AdSense ヘルプ


この記事を読んでいただいている方は、日本語なので問題ないですし、日本語や英語でブログをつくっていれば、ここは全く問題ありません。

ただ、アドセンスのポリシーは明確に決められているので、そのあたりはしっかりと理解することが、アドセンス合格への近道です。

無駄なウィジェット・プラグインは削除する

本当に必要のない不要なウィジェットやプラグインは削除しましょう。
理由は、ブログが見にくくなったりするためです。
美しいサイトデザインをして、わかりやすくすることが大事です。

また、不要なウィジェットやプラグインを削除することで、ブログの読み込み速度が向上します。
つまり、それはSEOの観点からも効果的になります。

ドメインの取得期間は意識する

実は、ブログやドメインがどのくらい運営されているのかを、チェックされている可能性があります。
現に、インドや中国などの一部の国では、ドメインを取得してから6ヶ月以上運営をしていないと、アドセンスの申請ができないというポリシーを導入しています。


日本やアメリカなどでは、そこまで長い期間は必要ありませんが、長い運営期間というのは信頼があるということです。
目安として、ドメイン取得から1ヶ月以上ある方が有利となります。

海外には日本のサイトでは知られていない有益な情報もある

海外の情報から、Googleアドセンス審査に合格するために有益なポイントを、簡単にまとめると次のとおりです。

  1. 独自ドメインを取得
  2. 美しいテンプレート・テーマを使う
  3. 高品質な記事(内容・コンテンツ)を書く
  4. 設置必須の固定ページ
  5. アフィリエイトリンク・広告は削除する
  6. 画像はライセンスフリー(著作権)を使う
  7. トラフィック数(訪問数)は最低限あった方がいい
  8. アドセンス にサポートされている言語でブログを書く
  9. 無駄なウィジェット・プラグインは削除する
  10. ドメインの取得期間は意識する

これらの中には、日本のサイトでは紹介していない情報もいくつかあります。
このような情報も海外サイトからだと、入手できるのです。

日本のサイトと海外のサイトと両方から情報を収集して、Googleアドセンス審査に合格する可能性を高めましょう。

また、Googleアドセンス審査期間中には、「OK:やっていいこと」「NG:やってはいけないこと」は以下の記事をみてください。

Googleアドセンス審査に合格して、あなたのブロガー生活をスタートさせましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました